[コミックな日記]

2005年09月11日(日)
八方ヶ原ヒルクライム

 10/10にもてぎ7時間エンデューロにチームを組んで参加するhiroheroさんが「八方ヶ原ヒルクライム」に参加されるということで、事前に会うのをかねて私も参加してきました。

八方ヶ原ヒルクライムは、宇都宮の自転車ショップ「アンタレスじてんしゃの社」(http://bikemori.hp.infoseek.co.jp/)が主催するヒルクライムイベントで年間数回行われています。今年は次回10/30が最終ですね。場所は宇都宮の北にある矢坂市というところで1000m以上の山々が連なる場所です。コースはふもとの駐車場近くから車でいける一番上の駐車場まで、距離13.5km、標高差900m(ゴール地点1250m)のヒルクライムです。単純に距離と標高差で比較すると乗鞍よりきついですね。つくばヒルクライムの距離を2倍ちょっとにした感じです。

 つくばを朝5:00出発。下妻へ抜け、294号で下館、真岡、408号で宇都宮郊外を通り抜け4号へ。矢坂ICを超え、途中で一本内側の道に入り泉の交差点を曲がって八方ヶ原高原へ。
大雑把でもGPSと簡易地図で現在位置が確認できるのは楽です。
集合場所である駐車場に7:15頃到着。距離にして100kmありましたが、ほぼ一本道の上に郊外を通る道がほとんどのため一般道にしてはかなりのペースで到着しました。

 飛び入りであることを告げ受付を済ませます。ゼッケンは84番で飛び入りは私だけみたいでした。ついでもって小径車も私だけ、MTBも2,3人ってところですね。なんか話し声の中には乗鞍仕様のままで来たって声もちらほら。(笑)確かに見かけた方少々います。ついでもって、カワサキジャージも3人ほど。つくばの方から来ているのは私だけではありませんでした。今回は人が多く70人ぐらいとのこと。

 hiroheroさんと合流し、しゃべりながらスタート待ち。基本的には遅い人から1分置きにスタートで頂上を目指します。一応、ドラフティング可。といってもほとんど意味ないですが。
私は37番の位置でスタート。ほぼ真ん中です。みんな序盤飛ばしているんですよね・・・どうなるんだろ。

 1時間前後で登れるかなと思ったけど思いっきり甘かったです。登り始めて最初にきつくなったところでもう足が回らないことを実感。疲れが取れてないのか最近の体重増加に原因があるのか。
交通量がそれなりにある道なので(大半が対向2車線)つづら折れの内側であっても左側走行。ということで、結構きつい部分がちらほら。
平坦な場所に出てもがんばり過ぎないように回して走行。急な部分ではもっと楽に走ろうと思ったのですが、全然余裕がないです。心拍は165〜185をいったりきたりですね。
左へ左折し、あと3kmぐらい!ってところでもうひとふんばりしようと思ったのですが、最後の最後まで来てもまだきついです。木々が低くなり後ちょっとだってのでがんばってみたのですが最後のコーナーを曲がってゴールは見えたもののまだ数百メートルの坂・・・最後は降りそうになりながらゴール。
トータルで5人ぐらいの方にパスされたのかな。
 タイムは1時間12分と結構かかりました。とりあえず、乗鞍のときのように足はピクピク状態になっていないのでまだがんばれるということなのかな?
とりあえず次回参加する場合は1時間5分ぐらいが目標かな。
きつい部分でいかに休むかと、そこそこの坂の部分でのスピードアップが課題ですねぇ。
hiroheroさんは1時間切っていました。毎回、自己記録を更新しているとか。さすがですねぇ。

天候的にはスタート時点で晴れていたのを除けば曇り。標高が高いため、気温が低いのも合わせてすっごく快適でした。
頂上で軽く談笑後、ウィンドブレイカを着て下山。念のために合羽上下とアームウォーマを持ってきたのですが意外と寒くないです。

駐車場に戻り、みんなのタイム発表と抽選会が行われて終了。
hiroheroさんとちょっと話していたら雨がポツポツきたので分かれて岐路に着きました。帰り道、断続的に雨でしたね。途中、道の駅にのみやで昼食を取り、帰宅。

 こんな状態で来週の王滝100km完走できるのだろうか・・・

本日の走行距離26.6km 平均速度15.6km/h 最高速度57km/h

GPSで記録した走行経路(赤色:15km/h以上 −−− 青色:5km/hぐらい)


集合場所の駐車場
初め閑散としていたけれどもすぐいっぱいに


スタート地点(駐車場を少し下りたところにあるりんご園)
手前はhiroheroさんとR800


ゴール手前の坂(走っている人は帰りの下りです)
木々が低いです。野生かわかんないけど鹿もいたりします。


ゴール地点の駐車場(展望台から撮影)
別のイベントやっていたみたいで駐車場は満車状態


ゴール後、駐車場脇にて


曇り空でしたが結構いい景色


矢坂市?も見えます。夜景結構きれいじゃないのかな


帰り道、「道の駅にのみや」に寄って昼食


2005年09月13日(火)
いきたかったけど
 今日はGRデジカメ(Richo)のユーザー発表会の日。で、発表されました!
概観はGRですねー。焦点距離も35mm換算で28mm。撮影距離は1.5cm〜。800万画素でマニュアル操作可能といかにもGRってスペックです。
欲しいけど店頭予想価格は、いまどきのエントリー一眼デジカメが買えてしまうぐらいの値段・・・びみょーです。
フィルムのGRシリーズも探してはいるもののなかなかいいものはなく、あったとしても高いです・・・
手持ちのデジカメを考えるとひじょーに中途半端なスペックなんですよね(あくまで個人的な用途を考えた場合の位置づけがです)
・EXILIM サイクリングに最適、小型、薄い、固定焦点のため手軽に撮影
・OptioWP 無難なスペック、水中でも撮影可能と全天候、どんな場所でも使える
・DiMAGE A1 28mm〜200mmの高性能レンズ、マニュアル操作がしやすいハイエンド機
OptioWPの位置づけになるのかな。街中や小旅行ではGR、レジャー、アウトドアではOptioってとこでしょうか。
欲しいけど、買うには勇気がいる一品ですね(笑)

2005年09月14日(水)
フジヤカメラ
 フジヤカメラを除いたらGR1vとGR1sの黒ハケーン。8万円弱と7万円弱でした・・・一時期の中古価格より1万円以上高いような・・・
今が旬だからかなー。
ただ、フジヤカメラから中古のフィルムカメラ&レンズかなりなくなりましたね。
同じ値段なら新品のデジタル・・・でも、やっぱりフィルムだよなー。
デジタルならGRよりCaplioR3の方が魅力だし。

2005年09月16日(金)
秋葉原
 ヨドバシカメラオープンの日、秋葉原駅を出ると店員が並んでいました。もしかするとどっかに行列でもできてたのかなぁ・・・
TXの駅とつながっていることもあり、新宿でビッグカメラやさくらや行くよりはかなり便利なので利用はするかも。

2005年09月17日(土)
王滝100km Y−1
 朝4:00FORZA集合で王滝村へ行きました。
明日は、セルフディスカバリー・クロスマウンテンバイク100kmに出場。
いろいろ周りから脅されているけど?完走できるかな。
パンクも含めてメカトラでリタイアだけはしたくないですね。
 でも、鼻水止まらない、タンが切れない、頭痛がする、目が痙攣する・・・どうなることやら(爆)

2005年09月18日(日)
王滝100km Y0
 朝3:00起床、外は真っ暗。
 王滝100km3時間後にはスタート!

 レポートはbbsに書きました。

王滝100kmのコースです。
色は標高(青900m以下 >>> 赤1600m以上)


先月走った乗鞍岳は御嶽山の右上にあります。


季節外れの怪談

夜も更けてきた高速道路。八ヶ岳のシルエットを左手に感じながら東京へ向かう。
路上の電光掲示板は大月から20kmの渋滞を告げている。いつものことだ、しかし大月を過ぎる頃には渋滞も解消に向かう時間だろう。
ラジオを付けていない車内にはロードノイズだけが流れている。視界には他の車がいない。すごく静かに感じる。
しばらく走行していると、路肩にフロントをこちら側に向けた車が止まっている。フロント部分がひしゃげていた。その先に普通に路肩に止めている車、車の手前では発炎筒が光を放っている。こちらは視認した一瞬ではなにもない感じだった。
事故は起きたばかりのようにも、ひと段落ついた後の用にも見えた。どちらの車にも人影らしきものが無かったからだ。
次の瞬間!、ライトに照らし出された路上に赤い物体、何かが落ちている!それが何かわかる間もなく通り過ぎた。
なんだったのだろう・・・いやな予感が脳裏を駆け抜ける。
八ヶ岳PAに立ち寄り、タイヤ周りを簡単にチェックしたもののなにもない。
双葉SAで給油がてら休憩をすると、他のドライバーも高速道路上に落ちていた物体のことを話しているようだった。
手近に合った端末から高速道路情報を見てみる。先ほど通り過ぎた区間が事故で通行止めになっていた!
車に戻りタイヤ回りをもう一度見てみる・・・
フェンダーの内側に 赤いもの がちらほら
それから数時間、気まずい沈黙が続く。ラジオに事故の情報は流れてこない。







キーワード




shiromuku(d)DIARY version 2.04