2006年5月28日

BikeNavi第2戦日産スタジアム


BikeNavi第2戦「日産スタジアムサイクルパーク フェスティバル」に行ってきました。 久々の3時間エンデューロ、例のごとく腰は痛くなるは、腹筋痛くなるは、足はピクピク、車体はどろどろガタガタ、お腹はすくは、帰り道は迷うは、眠たいはと楽しいこといっぱいでした。

朝4:00出発。小雨がぱらついています。
高速で川崎ICへ、そこからは下道で日産スタジアムへ。さすがに朝早いのでスムーズです。
6:00前に着いたのですが駐車場が開いておらず、待ち行列に。といっても4台ぐらいしか止まっていません。パンフレット見たら7:00駐車場オープンとか。って7:00受付開始なのにそれはないでしょと思っていたら6:30ぐらいにに開けてくれました。
早くに行ったのもあって屋根がある駐車スペースゲッツ、ついでに出口の直前です。
とりあえず準備をして受付開始までゴロゴロ。


ワールドカップ決勝の舞台で自転車レースですよ!


その後、受付をしてローラー台20分ほど。

ローラーをアップに始めて使ったのですがいいですね!
前輪用の台を忘れたのでかなり前傾
あと、ローラー用の服装があった方がいいかも


軽い負荷で回して心拍を170まであげます。いつもはローラーでここまで上げるのは大変なのですが緊張しているせいか簡単に上がりました。代わりに下がらない!
そんなことをやっていると、BikeNaviで知り合ったワッキーさん発見!
ということでちょこちょこお話&記念撮影
雨ってことで練習用APBで参戦

とりあえず試走します。


ピットエリア
タイル張りですよ!
意外と滑りませんでした。

ピットエリアから続く3階周回部分 向かい風が容赦なく吹き付けます
2Fに下り、スタジアムへ! 入り口のせまい通路から広がる景色には感動的でした。
スタジアムを抜けて1Fへ 1Fの周回部分 コンディションもよく、風もないので飛ばせます ただし暗いのが欠点 入り口と出口が落車ポイント
周回路を抜けて土手へ 歩行者用通路と併走しているため、追い越し禁止です。
土手の道 思いっきり休憩ポイントになりました 終端部分にスピード出しすぎ防止の段差が作られています。 ただ段差がきつくパンクポイントに・・・ 私は2回に1回ここでチェーンが外れていました。
スタジアムに戻る道 この先にピットエリアに続く上り坂が


装備は以下のとおり
 半そでジャージ
 冷却効果のある下着
 レーサーパンツ
 アームウォーマ
 ボトル2本
 ミニボトル?(カーボショッツ4本)
 PORAR S710i(スピード、ケイデンス、心拍、他)
 GARMIN のハンディGPS(半分室内のようなコースなので使い物になりませんでした)


試走途中、雨が上がったのですが、スタートラインに付くと小雨状態。それでも受付時よりは小降りです。

スタート時間が遅れ5時間の部が9:30スタート。
3時間の私たちはその4分後にスタート。
スタートの混乱に巻き込まれないように先頭付近にいたのですが、スタート時点では要領のいい人たちが前に出て行き4列目ぐらいでスタートです。1F周回路までは先導付でのパレード走行。途中、坂のつなぎ目の金属で後輪がずるずる。

スタジアムを出ると適度なRを描く1Fへの下り通路。その後クランク上の場所を抜け1F周回路に入ります。ここの入り口が車止めの穴があり暗くて見えないので落車続出。全周回のうち半分ぐらいは誰かが転んでいました。
1F周回路ではみんな踏み抜きます。私も体力のあるときは45km/h前後まで加速、巡航。
周回路が終わると直角カーブで外へ。そこには側溝のふた攻撃が4連荘(爆)
ここも減速が不十分だと金属のふたに斜めに入りそのまま転倒コース。ってことでここでも落車多数。

土手へ上り、一応追い越し禁止区画へ。ただ、右側が追い越し、左側がゆっくりって感じにはなります。(ただし、前が詰まってもどけ!はなし)
レース中はここでボトル飲んだり、補給のカーボショッツ流し込んだりしていました。(他は危なくてそんな余裕なかったです)ただ、ここでゴミのポイすてする人がいるんですよね。プロのレースならいざ知らず、公共施設を使ってのレースでそれはないだろうって感じでした。
終点には段差、ここで2回に1回はチェーンが外れました・・・ただ、チェーンガードをしていったため、チェーンは落ちず、ギア操作をしてクランクを回転させることで元に戻り事なきを得ました。
1周回目は、前走者がボトルを落とし私はそれに見事にそのボトルを踏みつけちゃいました。

その後、加速し九十九折れの上り坂へ。最初はミドルぐらいのギアで上って行ったのですが最後の方はローで・・・。ここで、ピットロードと本コースに分かれます。これはピットロードの混雑しているところを通らなくてよかったので助かりました。
タイル張りの周回路は風があるため、泥水をかぶりながらでも誰かの後ろにぴったりつきたいところ。
その後、九十九折れの下りからスタジアムへ抜けます。
九十九折れの坂は必ずつなぎ目の鉄の部分があるため後輪が滑ります。前輪が滑ったときにはあわや転倒ってところでした。
スタジアムの中に入ると400mトラックを激走!、本当に自転車で走ってますよ(笑)
これで1周3.9km終了
最初は1周7分ぐらいで走っていたのですが、最後は10分ぐらいかかっていました。平均だと1周7分48秒ぐらいです。

最初1時間は、雨ってこともありタイル張りや金属部分がのろのろ。ただ、元気があるので1F周回路とか坂は気持ちよく飛ばします。
1時間経過した頃から腰イテー状態に。
1時間半経過ぐらいからふくらはぎピクピク。
ふくらはぎが攣りそうになったらとにかく、軽いギアで回す!誰かの後ろで楽する!水分取る!補給する!ってのでなんとか復活(笑)
2時間を過ぎると2時間の部の人がいなくなり、同じぐらいのペースで走っていた人がいっきにいなくなりました・・・おかげで一人旅が多くなり疲れた体とあわせてペースが下がります。
さらに変速が不調!トップ付近でなかなか変速しません。救いはロー側は問題ないこと。
2時間半を越えたあたりから腹筋まで痛くなる始末・・・
最後は4分遅れてスタートだからまだ2周できるかなと安心したらストップウォッチの秒数と時計を勘違いしていてもう時間がないことに!
最後に悪あがきしたのですが、計測ポイント手前50mぐらい?のところでタイムアップ。
その後、たまたますれ違った3時間の部門の人と話しながらピットへ戻りました。

平均速度 29.93km/h
最高速度 46.5km/h
平均心拍数 175
最高心拍数 199
高低差 15mぐらい
気温 19度~23度(レース中)

結果は速報に書いたとおりです。
出走したクラスの参加者は少なかったですが表彰台うれしいですね。
あとは地力をもう少し付けたいところです。

1位のH山さんはやっぱり速いです。スタート後1度も姿を見ることができませんでした。
私が22周目に入った1分後にH山さんが23周目に入っているので最後は周回遅れになっていたのかもしれません。
3位になったO野口さん、K川さんペアは私のすぐ後ろにいたみたいです。最後のタイムアップのときは最後のストレートに入っていたとか。あと、2周あったら逆転されてたところです。
というか、O野口さん、K川さん、ビンディングペダルじゃないし!それで、このスピードは脅威です。

あと、レース中に銀ヤンマさんが応援に来てくれました。ありがとうです。

レース後、ワッキーさん、O野口さん、K川さんといろいろお話。
次のBikeNaviルール・ド・新城で会いそうです。
O野口さん、K川さんからはいろいろと怪しい自転車の知識を紹介していただきましたので、別途書きます。

O野口さん、K川さんペア(3時間小径3位)とワッキーさん(2時間男子オープン3位)
NF20RACの赤! 剛性感はよさそうです。 ブレキレバー、シフターの配置は好みじゃないですが。
KHSブースにてNF20Rで入賞したことを話したらボトルくれました♪
賞状と盾もらえました! 商品は、タオル3種類、Tシャツ2枚(GT、アンカー)、シマノのソックス、XTRの帽子、BCAAサプリ1箱、CCDドリンク1こ

寝る前に体重を量ると、70.8kg、体脂肪率15.8%
水曜日のローラー後より体重で1kg、体脂肪率で1%ぐらい減ってます。
心拍だけ見るとずーっと無酸素運動なのですが、脂肪も含めどんどん消費しているんですね。
7月のBikeNavi第3戦には体重68kgぐらいで挑みたいです。

コメント(2)

いやはや本当にお疲れ様でした。ネットでちらほら見かけた写真とこちらの情報を合わせて見るに、何だか凄いコースですねぇ。こういうコースを悪コンディションの中、落車もせずに走りきられたとは感服致しました。
MTBの方が楽しかったのでは!?

NF20RACのロゴはやはり新タイプなのですね。う~ん悩むなぁ。
重さどのくらいなんて言ってませんでしたか!?

なんども落車しそうになりましたがなんとか走りきれました。
MTBはやっぱりオフロードでないと!あと、最近MTB乗るとたいてい落車しています(笑)
そういえば重さは聞きませんでした。
もっといろいろ聞いてこればよかったですね。

コメントする