2006年5月 9日

PlayStation3

SONYからプレステ3の発売日と価格が発表されましたね。
発売日は11月11日
ここまでずらしたのなら1,2,3!の12/3でよかったような感じもします。

で、2タイプ発売されるのですが、廉価版の20Gモデルでお値段\59,800、60Gモデルがオープンプライス。
アメリカでの価格差は$100なので+1万円以上ってところでしょうか?
で、ここでSONYの苦肉の戦略がみえみえしちゃいます。(隠れません・・・)

廉価版にはHDD容量が無い以外に、AV関係のI/F、メモリカード関連のI/F、無線LANが省略!!!
このおかげでブルーレイプレイヤーとしても魅力半減です。
とりあえずPS3の機能をスタンドアローンで最低限使えるだけの構成にして価格を出し、思ったより「高くない!」って印象を与えるつもりなんでしょうかね。
実際には60Gモデルの方が売れるのでしょうが、こちらの価格を出すとレボリューションにかなわない(というか最初から相手にされない?)と思っている感じです。
今回の価格から行くとPS3は初回購入時、本体+メモリ+ゲームで10万円コースぐらいしそうな感じ。
実際にゲーム機に10万円出すのか?って言われるとびみょーです。

それにしても、他の機能が充実していればそれも良しなのですが、20Gモデルでも60GモデルでもHDDレコーダーにはなりそうもないし、あくまで騒音付き簡易ブルーレイプレイヤー?
あと、気になるところで「PS2並みの静音性を実現」とあるらしいのですがあきらかにPS2の動作音うるさいですよ・・・

PS3はソフトもいまいち不明なのでいまのところ購入するかどうか微妙ですね。
というか車検と家賃更新でお金たぶんありません!

コメントする