2006年5月 7日

ローラー台

まじめに乗る初ローラーです。
といっても3本ローラーではないので特別な技術はいらないです。
結果は、汗かきますね。最初は飲み物とタオルを用意してローラーを回したのですが15分もすると汗がポタポタ状態でした。

ローラー台は、「Elite CRONO FLUID エラスト GEL」というタイヤドライブ式の固定式ローラー。
うちの自転車は、シクロ(700c)、MTB(26インチ)、小径車(20インチ)とバラバラ。通常の固定ローラーでは小径用アタッチメントを使用しないとダメですが、これはアタッチメント無しですべての自転車に対応できるすぐれものです。

で、うちのボロアパートでは防振マットをひいても思いっきり下に響くので、ローラーを無理やり玄関に設置。前輪を部屋の中という苦肉の策で対応。でも深夜は控えたほうがいいかなって音が出ますね。
防振マットもElite純正品はなんか役に立っているのかよくわかんない感じです。
ローラーにメータはないものの、自転車のケイデンスセンサーと心拍計は使用できるので問題なし。
ローラー開始、だいたいケイデンス90を維持しています。心拍は120ぐらい、思ったよりあがらないものですね。15分もすると汗がポタポタ、ここでアタック!とばかりシフトアップしケイデンスを140ぐらいにアップして30秒ほどもがきますが心拍が150ぐらいまでしかあがりません。そのまま惰性でケイデンス120ぐらいを1分ほど続けてアタック終了。心拍あげるの厄介です。
30分ぐらいに2回目のアタック、こちらも心拍150ぐらいが限度でした。
トータル1時間ほどローラーを行い終了。

負荷が思ったよりありました。まぁ、ケイデンス90を維持して1時間回すのには苦にならない程度の負荷ですがもう少し軽めのほうが好みですね。シフト操作による負荷の増減は問題なかったです。もしかしたら使い込むうちに慣らしが終了してもう少し負荷が減るのかも。
あと、固定ローラーだけあって手を抜こうと思えばいくらでも抜けるので、トレーニングとして行う場合は時間を決め、飽きないテンポ(音楽など)で続けれるようにしないとダメですね。

コメント(1)

はじめまして。最近、Hiroheroさんのblogにお邪魔させていただいている者です。
私も同じELITEのローラー台を購入しました。もちろん、この記事が購入への後押しをしてくれたことは間違いありません。
家も集合住宅でしかも小径車乗りなので大変参考になりました。どうもありがとうございます。
これからは雨でもペダルが踏めると思うと楽しみです。(夜間はムリですが・・・)

コメントする