2006年11月 5日

晴れでも寝坊

本日は、FORZAのロードライド!って予定していたのですが起きたら7:30・・・あれ?集合7:00・・・(汗)
みんなは既に走り始めていました。
ってことで、サイクルモードに行くことに(笑)

会場の幕張メッセまでは自宅から下道を通って1時間30分ぐらいですね。
1日まるまる使うなら印旛沼あたりに車を止めてサイクリングってのも良かったかもしれません。

20061105_01.jpg

10:00前に到着、混むといやなのでまず試乗です。

20061105_02.jpg

会場の様子


20061105_03.jpg

会場内の至る所に試乗コースができていました。


まずは、お目当てのTyrellブースです。
スカンジウム製のSiを試してみたくて真っ先に行きました(^^ゞ

20061105_04.jpg

お目当ての自転車
左:Si(ミスティブルー)
右:PK1


標準カラーのミスティブルーのSiがありました。
持ってみるとやっぱり軽いです。
コンポは一応標準、角度調整可能な街乗り用フラットバー仕様でした。
さっそく試乗させてもらうことに、ブースで自転車を借りてそのまま試乗コースへ行きます。
コースはコンクリの床のところをクルクル。途中に木の板で坂がちょこっとできています。
まぁ、人も多いし適当に数周周回、たまにダンシングとかして走りました。
いい感じです。が、いまのKHSと比べてどう?とかほかと違う?って言われると走った距離的に・・・全力疾走もできなかったですしね。
PK1(ドロップ)、PKZ(ブルホーン)も乗りますがチタンとスカンジウムの違いはいまいち?でした。
ただ、やっぱりドロップハンドルが一番しっくりきますね。
漕ぎ心地もどれも素直でいい感じです。サドルを合わせただけでしたがポジション的にも変な感じはしませんでした。ハンドルの操作がKHSより安定しているかなこの辺はハンドルポストの剛性?なのか重心のせいなのか???

スカンジウムのSiは在庫がすぐあるそうで数日で出荷できますよって言われました(汗)
ただ、すぐ注文しないとどうなるかは???
グラデーションカラーを見てから決定かな。って、既に買う気になっていたりします・・・
スカンジウムの利点としては、作るのが簡単で、軽く、好きな色が塗れて、チタンと比べて安いってところだそうです。剛性、振動吸収性共にチタンの方が上らしいのですが50km以上の距離を走って乗り比べないとどの程度差があるかは・・・(でも剛性と振動吸収性が共に上ってあるのかな???)

あと、Fディレーラーの取り付け位置はは60Tぐらいまでは対応可能だそうです。標準コンポだと56Tですね。

20061105_05.jpg

会場内の照明もあって色がいまいちわかりません。
blogの画像はさらにデジカメだから・・・


20061105_06.jpg

色見本
真ん中の白と黒が標準色
少し黄色身がかったパールホワイト
ちょっと紺がかったメタリックブラック


20061105_07.jpg

こちらはPKZ
シートポストとクランクはTyrellオリジナル


一通り試乗した後に気がついたのですが、ホイールがなんか違う!
リム部分がカーボン!?(柄らしいのですが)スポークもエアロスポークを使っています。
試作品らしく販売はされていないとのこと、でも前後輪合わせて1kg切るとか・・・
タイヤはコンチネンタルのちょっと安いやつ。

20061105_08.jpg


20061105_09.jpg


KHSブースでは新色の2007年モデルが飾られていました。
今年は色メインだそうで見るもの無いかなーって思っていたのですが、カタログにきになるもの2点発見!!!
1つは、「NF20-RF」
今乗っている「NF-20R」の今時バージョンみたいです。
クロモリで重さ3kgは変わらず、フレーム形状が「F20-RC」になっていますね。
もう1つは、チェーンリング
56T~62Tまでラインナップされています。
56T、58Tはチェーンガード一体式もラインナップ!
ちょうどチェーンリング欲しいと思っていたので、58Tの一体型を注文してみるかなっと思っています。
値段は安くないけどこんなものかというお値段。デュラエースといっしょぐらいです。そう考えるとやっぱり高い・・・

20061105_10.jpg

F20-RAC
色とブレーキ以外は2006モデルと大差ない?


20061105_11.jpg

BikeNavi新城で試作品を見せてもらったブレーキ
前後セットで¥25,200-なり
値段的に微妙


20061105_12.jpg

ちょっと気になったトライク
これでオフロードですか!
走ってみたいけど走れる場所があるのか???


もてぎで見かけた前4輪の自転車がありました。
コーナーは、車体を横に倒して回ります。
写真ぐらいいけますよって言われたので試乗コースで倒してみたら、ツルツルのタイルで前4輪がそのままスライドして吹っ飛びそうに(笑)
アスファルトなら結構面白いかも
でも、同じような乗り心地ならLAND WALKERのほうが楽しいですね。

20061105_13.jpg

前4輪の自転車


ローラ台を使った試乗コーナーもあちこちにありました。
SRAMのブースでRIVALを試します。
次の自転車に付けたいと思っているFORCEの廉価版?(シマノなら105クラスなのかな)
FORCEを使ってしまったせいかフロントの上げ下げはえっ!?っておもうぐらい今ひとつ・・・
リアはこんなものかなって感じ。って、いうかFORCEやXOのお試しがありませんでした・・・
変速の際のカシャカシャ音はSRAMしていますが、軽快に変速が切り替わるって感じではありませんでした。
ただ、デュアルコントロールレバーの形状はシマノより小ぶりとなっており、見た目も握り心地もこっちの方がいいです!
変速のさせかたが、みんなわからないみたいで、ブースの人がいないのもあって、なぜか私が二人ぐらいに教えていました(笑)

20061105_14.jpg

なんか人がいっぱいいる?
なんか写真撮ってる??
なんかサインしている???
なんか今中大介さんみたいな人が雑用している!?
って、思ったらバッソでした(^^ゞ
今中さんみたいな人は本人でした(爆)
で、人垣が出来てきたので撮影タイムになっちゃいました(笑)

20061105_15.jpg


最後にもう一回りして帰ることに。
そんな中、LOROのブースで気になるもの2点発見!

1台は、NAKAGAWAサイクルワークスとの共同企画?の小径車
展示用のが無いみたいで、お客さんのを借りてきたとか。ってことで試乗は出来ませんでした。
これはHPに載っているのとはちょっと違うバージョンでシートチューブが通常の自転車と同じタイプ。ただ、このタイプにするとシートポストを支えるためにシートチューブがクロモリになり重量が増えるとか。
HPに掲載されているのはここがカーボンチューブ、ただし直接やぐらがついているので高さ調整が数cmしかできないそうです。
ヘッドチューブの部分も工夫しているそうで、ここが小径車だとロードの2倍以上の長さになっているとか、でロードのメーカーがここの部品に力を注ぎ込まないものであんまり進化していないそうです。で、重量とかかさばるものしかないとか。ってことでここはカーボンとクロモリのハイブリッド?にして軽量化しているそうです。
ステムの下についているスペーサはカーボンだとよじれるみたいでアルミのを入れてビニールテープで固定しているとか。でも、そのうち一体型のをカーボンで作るって言っていました。
この軽量モデル、軽量と引き換えにチューブの肉厚が薄いので乗っているとフレームが伸びてくるとか
普段乗りや激しい乗りかたをする人、フレームを消耗品と考えられない人には不向きかも

20061105_16.jpg

クロモリなのにすっごい軽量です!
この仕様で8kg前半とか


こっちはもう買って帰りたいと思ってしまった小径車!
まだ出来立てほやほやで値段も何にも決まっていないとか!!
ガンガン乗ることを意識したクロモリ小径車で、ギアはフリー付きのシングルです。
ギア比をもうちょこっと軽くして、1.5ぐらいのタイヤ、フラットバーで組みたいですね。
乗り心地もかなりよかったです。(ただし、街乗り)
お値段はフレームで8万~、完成車で12万~かなぁってこと言っていました。
フレーム4万円だったら即決で買います!(ぇ
だって用途的に10万円以上するなんて・・・

20061105_17.jpg

ガンガン乗るために肉厚なクロモリ使ったっていう割には軽いです!
9kgぐらい?かな

あと、パナソニックの小径は特に変わらず。試乗も出来なかったので眺めただけ。
BSモ-ルトンもなんかパッとしない展示でしたね。
タルタルーガの吉松さんやKOMAの篠塚さんも見かけました。
小径ではありませんが、GIANTのカーボンANTHEMを乗ろうと思ったら試乗車ありませんでした・・・カーボンになったTRANCEの試乗車はありましたが2時間待ちってことでGIANTの試乗はヤメ
KONAブースにいたってはカタログ\500とかいわれちゃいました・・・
KONAの4バーリンクのXC車(AM?)に乗りたかったけど見かけませんでしたね。
ロードだったらとこれがいいなって思っていたブリジストンのRA5とかも見てきましたが、実車を見たらなんかいまいち・・・やっぱり買う前に実車は見るべきです。

という感じでアチコチ巡って昼過ぎに帰路に。

TyrellのSiどうするかなぁ・・・

コメント(4)

ふむふむ、いろいろと気になる情報をありがとうございました。
やっぱりSiが一番気になりますねぇ。
LOROのモデルは対費用効果を考えると素直にNF20RACで組んでしまった方が安価かつ軽量に仕上がりそうな感じがしてきました。

KHSのキャリパー、シマノのBR-R600よりかなり軽量化出来なければ価格的に辛いですねぇ。見た目はなかなかですけども。

Aha!さんのお目当ての小径車はTyrellだったのですね!
私は、Tyrellのロードを試乗させてもらいました。
今回のサイクルモード
「イヴァン・バッソ」という外人さんを知ることができましたし、ロードの試乗もでき、大変勉強になりました(笑)

>HiroHeroさん
KHSのフレームだと軽量ではLOROにかなわない気がします。でも、費用対効果的にはKHSの方が上ですね。
あとKHS、Tyrell、LOROを比べるとガシガシ乗るならKHSかTyrellって感じですね。

>hiroさん
はい、TyrellのSiです。
フレームセットで15万円ぐらい、今考えているコンポがSRAMのFORCEで一式20万円ぐらい・・・ホイール、ハンドル、サドルは今のを使いまわすにしても結構なお値段になりそうです(汗)


社是[編集]
創業者が掲げた社是の「最高の品質で社会に貢献」は、現在も全世界のブリヂストンでの企業精神として受け継がれているコピーロレックス1308
脚注[編集]

^ a b c 全国で目撃情報多発中! 神出鬼没の“アダモちゃん”をついに編集部で捕獲!、webザテレビジョン、2009年3月27日

コメントする