2007年1月13日

軽量化

K川さんと2月に行う荒川ライドの話をしていてTyrellの重さの話になったのですが、ダメです。軽量化に走ってしまいそうです(笑)
もう走ってる?

で、話に出た軽量化できる箇所!
ってことで以下の通りです。

ステム:
注文中、現状TNIも160gと重くは無いのですが「Syntace F99アヘッドステム(90mm)」99gと60gぐらいの軽量化(汗)
これは軽量ってのも意識しましたがそれ以前に今のステム(KHSから移植)が色的にあっていないってのが交換の一番の動機だったりします。

ハンドルバー:
現在はKHSから使いまわしの日東186STIで260g程度、こっちは軽量化以前にSTI用のためケーブル取り回しの溝が片側にしか付いていなくカンパ対応のW溝タイプのハンドルバーに換えたいってのが先ですね。マツナガにいったら180gのカーボンハンドルがお手ごろな値段であったのでこれかなぁ。
180gだとすると80gの軽量化になります。けど、剛性だいじょうぶだろうか・・・
あと、カーボンは振動がどうなるかってところで試してみたい素材です。

チューブ:
現在はシュワルベのチューブを使っていますが、マキシスのチューブが20インチ用も軽いってことなので購入することに。(MTB用に26インチのはあるんですけどね)KHSの引取りでサイクルショップflameに行ったら在庫してました。っていうか、だったらTyrell組み上げのときに教えて欲しかった・・・
でもあんまり変わらないかな、シュワルベ80gに対してマキシス67gと両方で26gの軽量化(汗)

ホイール:
これは交換というよりはもう1セットあると便利ってところですね。
Tyrellの新しいホイールが本当かどうかわかりませんが前後で1kgを切るって話なので興味津々。
スポークもエアロスポークになっていて価格さえ高くなければ買いたいところです。

あと、これは変える予定無しの場所
・サドル:手持ちのサンマルコのにするだけで100gぐらいは軽量化できますが、これは難しいですね。
・カセット:アルミ削りだしのが軽いけど・・・
なんかが結構軽量化できたりします。

ホイール次第では6kg台にできるのかなぁ。
まぁ、そこまで軽量化してもエンジンの軽量化&出力アップをしないと速くならないんですけどね。
これも楽しみってことで(笑)

コメント(2)

こんばんは。
拘ってらっしゃいますから、やはり行き着くポイントは「軽さ」という事になるのでしょうね。考えてみれば、小径で6kg台って凄い事ですよね。
ヒルクラで軽い小径を駆り、並み居るロード乗りをパスするのが夢だったりするのですが、6kg台だったらいい所いけそうです。予算も相当なものになりそうですが...。

えーっと、やっぱり計量ミスってたぽいです。
最終的には8.0kgを切るぐらいになりそうです。(汗)
まー、1kgぐらいはがんばれば、お腹のお肉で簡単に減らせる量!のはずなのでエンジン強化でがんばってみます(笑)

コメントする