2007年9月22日

車中泊シュミレート

20070922_01.jpg

ディーラの発注ミスで装備していなかったラゲッジシートを装着
硬いものを床面に置く場合には重宝しますが、背もたれとラゲッジ部分でセパレートなため、防水とか防塵は期待できないです


運転席側では仮眠を何回かとりましたがやっぱり狭いです。
ってことで、助手席側での車中泊をシュミレートしてみました。

20070922_02.jpg

ラゲッジシートは普通の座席アレンジにするときも外す必要がないです
この状態で運転席側を普通のフラットにすることも可能


この程度のマットをひけば床の凹凸は気になりません。また、身長178cmの私が足を伸ばして普通に寝ることが出来ます。たぶん寝袋でもOK。
運転席側は運転するポジションのままです。ダイハツのタントも広いですが、タントだと助手席側でこのようなシートアレンジできないのと、運転席の後ろを荷台にした場合、運転席を前にずらさないといけないというのがネックですね。
荷物は運転席側に持っていけばOK。後部天井のバーに自転車用のLEDライトを付けて暗い場所での作業用ライトにしています。あとは、後部天井のバーに扇風機が欲しいですね。
クリップ式扇風機と車で充電できるポータブルバッテリーの組み合わせが無難なのかな・・・
あとは、自転車が簡単に左右に倒れない仕組みと、壁あたりにタイヤが簡単に引っ掛けられるようになるといいですね。

これ以上、積載を考えると天井になっちゃいますが、ただでさえ高い車高なので上は無しですね。まぁ、掃除がめんどくさいってのと忘れっぽいので危ないってのが一番ですが・・・
軽でこれだけできれば、とりあえずはいいのかな。

コメントする