2009年5月24日

BORA BORA DAY2

20090524_00.jpgタブー
ピルスナー
アルコール度数 5%
タヒチ

ヒナノビールより、味が濃く日本人向けかも

「いあおらな~」タヒチ語の挨拶です。スタッフとすれ違うとたいていこの挨拶をしてくれます。自然とこっちも「いあおらな~」ってなります。
最初、「あろは~」って聞こえました。何故かなと思いよくよく聞くと「おらな~」しか言っていないっぽいのを聞き間違えていたみたいです。(汗)

あと、何かにつけて使うのが「まるる~ぅ」ありがとうって意味ですが、お礼以外に、「失礼します」って感じでスタッフが使います。

20090524_01.jpgベットの反対側はソファーになっています。
壁掛けTV付き。日本語のDVDも貸してくれるとか。
TV8チャンネル以外にビデオ、音楽などがセレクトできました。
映画は有料ぽかったですが実際のところどうなんでしょうね?
ヨシコさんに聞くの忘れました。

朝食はツアープランの中に含まれているのでホテルのレストランでの食事です。格好は、みんなTシャツに短パンってとこですね。
なんとかつたない単語を駆使してオムレツ焼いてもらったりしました(笑)。
最後にレシート?を確認し、サインして退散。この朝食、個別に注文すると1人あたり3,500xpfぐらいしたりします。

20090524_02.jpg朝食
レストランでビュッフェ形式で取ります。
席に着くとコーヒー、紅茶の選択
後は自由にバイキング
いろいろなものがあって、ついつい取りすぎちゃいます。

食事をする場所はラグーンにオープンになっていてお魚さんを見ながらの食事となります。
たまに海亀も降臨(笑)

10:30からホテル内のラグーン奥で亀の餌付けをしているってことで見に行きました。
#妻は蚊に数箇所刺されました。虫除け必須です。

20090524_03.jpg亀の餌付け場所で撮影
水中と地上を同時に撮影するのは難しいです。

撮影は水中でも撮影可能な、Panasonic DMC-FT1です。

20090524_04.jpg海亀の餌付け場所。
ホテルがホテル内のラグーンを使って海亀を育て自然に帰すプロジェクトに参加しています。
いろいろと説明してくれますが、全部英語(汗
タイミングがいいと海亀の放流にも立ち会えるみたいです。

本日は、午後からジープサファリ。それまではヒマです。ってことで、水上バンガローで泳いでみました。
泊まったバンガローはオテマヌ山に向かって右側、先端から2番目のオテマヌ山側です。
ビーチ側で海の色が白っぽい辺りなら楽に足がつくと思います。
バンガロー下はほとんど魚を見かけませんでしたが、妻が底のほうを泳ぐエイを発見しました!

泳ぐ際には日本から持ってきた泳げるサンダルを履きました。
ウエットスーツ素材と薄いゴム底で出来たぴたっと履けるサンダルで、スポーツショップに1000円ぐらいで売っています。初めはマリンシューズを持っていこうと思ったのですが、ビーチぶらぶら、軽くシュノーケリングレベルではこっちの方が安く荷物にならないので良かったです。
欠点は砂が入り込みやすく、そのまま硬い地面を歩くと痛いってとこでしょうか。まー、砂を撒き散らすと他に人にも迷惑なので砂はこまめに落としましょう(笑)
#妻がサンダルを履かないで泳いだら、梯の上り下りで足の指を切っちゃいました(汗

20090524_05.jpgとりあえずバンガローから海に飛び込んでみました。
一番先端付近なので、足が付かない深さです。
そのため、バンガロー備え付けのライフジャケットを着ての泳ぎ。ただ、無くても問題なさそうでした。
水上バンガローに上り下りする階段とシャワーが付いていたりします。

泳いだ後、ルームサービスの残り物とビールでオテマヌ山を見ながらの昼食です。

ジープサファリに参加するために、シャトルボートで対岸のアナウまで行きます。
シャトルボートは、ホテルと対岸のアナウを1時間に1本ほど無料で往復しています。

シャトルボートの発着場で、ジープサファリの迎えが来るのを奥さまとポツンと待っていると、シャトルボート乗り場のスタッフの兄ちゃんが何を待っているんだ?と声をかけてくれて、相手に問い合わせてくれました。感謝です。
迎えに来たジープは、後部が向かい合わせの簡易座席のトラックみたいなものです。
最大8人だったと思うのですが、うちら2人だけ。最低の催行が4人じゃなかったっけ?と思いつつ出発です。
ガイド兼運転手は、片言日本語の英語ガイドのフランクさんです。出発するといきなり、「さかな、さかな、さかな~」の歌でした(笑)

しばらく島の外周道路を北上するとストップ。???な状態でいると、向かいから来た同じジープからご年配のカップル(南米の方?)が合流しました。しばらく簡単にガイドを受けながら島の外周を走ります。
途中よくわかんないお墓の説明を受けたり、ハイビスカス、そっちは低いところだからロービスカスなんて冗談を言われながらしばらく行くと、またストップです。
今度はガス欠でした。確かにメーターがE側です。
(ツアーの同乗者)ガソリンスタンドは無いのか?
(ガイド:フランクさん)あるけど、今日は休みだ。 #本日は日曜日~
(ツアーの同乗者)オー
ってことで、しばらくすると先ほど同乗者を連れて来たジープが登場、そちらに乗換えてツアー続行です。

島を1周しながら3箇所オフロードで見晴らしの良い場所に行きました。
途中、激坂を登りきれず、ギアをフリーにして後ろにドドドとか、海(崖)に向かってジャーンプとか結構楽しませてくれます。途中、野生?のバナナやバナナの花、パパイアなんかも見られます。

20090524_06.jpgこれは、たまたま遭遇した後続のジープにお遊び半分で追い立てられているところ(笑)

景勝地の1つ、7インチ砲台のところでは、
(ガイド:フランクさん)昔は日本軍が攻めてきたんだよ~
(ガイド:フランクさん)今は日本人は泳ぎや釣り、そして子作りに来るんだ
たしかにその通りかも。。。

最後に、The Farmという黒真珠店&養殖場に停車、ボラボラ唯一の養殖場で日本人のスタッフのシュウさんが養殖のやり方とか説明してくれました。タヒチの黒真珠を作っている技術は日本のものだったのですね。
店から出ると、外のテーブルでガイドさんがパイナップルを切って振舞ってくれました。芯まで食べれておいしい!
このあと、メリディアンの発着場まで送ってもらいツアー終了です。島1周できたし、ビューポイント3箇所、黒真珠の養殖所&お店、パイナップル&水がついて半日楽しめたので結構良かったです。

走行経路を記録するためにGPSを持ってきていたのですが、見事にホテルに忘れてきました(爆)

20090524_P02.jpg

20090524_07.jpgハイネケン
ビール
タヒチ

とりあえず部屋に戻っての一杯!
このハイネケンもタヒチで作っています。
っていうか、ハイネケンのタヒチ醸造所で、ヒナノ、タブー、ハイネケンが作られています。

今日は、日本人スタッフのヨシコさんがお休みのため、昨日のうちに今日の夕飯を予約しておきました。
今日はレストランでバイキングです。お値段1人7,500xpfもしますが、ツアーの夕食代の範囲でOKです。
格好は普段と同じでOK。特に服装に気を使う必要はなさそうです。オシャレしても問題ないですけどね。

20090524_08.jpgディナー
バイキングなのですが、ナイフ、フォークが前菜用、メイン用、デザート用、パンナイフとちゃんと別れています。

パスタは、注文すると目の前でお好みに作ってくれます。
量を少なめで、パスタとペンネをそれぞれ作ってもらい食べました。おいしい!

20090524_09.jpgCHATEAU SENAILHAC
BORDEAUX SUPERIUR 2003
フランス ボルドー地方
ハーフボトル

夕食で頼んだワイン
思いっきり当たりでした。
スパイシーで香り高くおいしい。

バイキング形式はついつい食べ過ぎてしまうのが悩ましいですね。


今日のジープサファリですが、このコースMTBで走りたいです!
絶対ジープなんかより迫力あるし面白い!って感じでした。
つくばで言う一本杉峠の辺りに似ています。
あと、外周道路も1周40km弱とお手ごろ、素人が自転車で4時間ぐらいで1周できるってのもわかります。1箇所だけ不正地の坂があって、そこ以外は比較的綺麗な道。
ロードで本気で走ったら1周1時間半もかかるかどうかってとこですね。
ジープサファリの最中、1組だけ4人で列車を組んでいる自転車を見ました。ただ、ロードは1台だけでしたね。
自転車どこで売っているんでしょうね???

コメントする