2009年6月12日

タヒチメモ(タヒチって高いですか?)

20090613_01.jpgファアア国際空港を出たところにある両替屋です。
ポリネシア銀行ですが両替用のカウンターが2つあるだけで、国際線の到着時のみオープンします。
日本円を渡し、パスポートを見せて、滞在先のホテル名を答えれば、パシフィックフランを用意してくれます。あとは書類にサインしてお金を受け取り確認したらおしまいです。サインは漢字でOK。
しゃべったのも、ぼんじゅーる、ぱしふぃっくふらん、めりでぃあんぼらぼら、めるしーだけです(笑

タヒチの通貨はパシフィックフラン(表記はxpf、cfp)です。
ユーロと固定相場で、日本円を換金する場合はユーロ相場と連動します。
タヒチで換金するのが一般的です。
旅行した時(2009年5月)で、 1.16~1.2円 = 1xpf でした。
お札や硬貨の種類、桁数はほぼ日本と同じです。

以下は私が1週間旅行して感じたものです。

Q1:タヒチ旅行は高いですか?
A1:高いです。
 8日間のツアーで1人40万円前後ですね。(タヒチ、ボラボラ、水上コテージ)
 旅行代金を減らすには、「ホテルのランクを下げる」これだけです。

 ただ、タヒチの前に行きたいと思っていたところは
  マチュピチュ9日間 65万ぐらい(サーチャージ無し、食事付き)
  エンジェルホール10日間 90万円ぐらい(サーチャージ無し、食事付き)
 と、タヒチ以上に高い!(お1人の値段です)

 高い旅行ですが、行く価値思いっきりアリです。
 絶対若いうちに行けば行くほどいいです。
 年取ってからでも良いですが、若いカップル見たらうらやましくなると思います。(笑

Q2:タヒチの物価は高いですか?
A2:高いです。
 どのくらい高いかというと「東京並み」に高いです。
 ぶっちゃけ、日本と同じすぎて、ここって海外?って思うぐらいです。ってことで、世界的に見た場合は高いのですが、日本と比べると1週間ぐらいの滞在なら、ホテル以外で食事とかするならコンビニ生活、ホテルや有名レストランで食事するなら日本の高級ホテルや高級レストランで生活するのとほとんど変わりません。

 ビール350ml缶:スーパー200xpf、ホテルや空港400xpf~700xpf
 ビール500ml缶:スーパー260xpf
 水1.5l:スーパー100xpf~200xpf、ホテル320xpf
 ジュース350ml缶:スーパー110xpf
 サンドイッチ:500xpf前後(ただ、2人で食べて十分な量)
 レタス1こ:スーパー900xpf(輸入だからですかね???)

Q3:タヒチのお土産は高いですか?
A3:高いです。
 あとで考えると不要な観光地土産
 観光地でしか買わないお菓子
 ぶっちゃけ日本の道の駅のお土産コーナーとなんら変わりません!
 絶対的に高いものは黒真珠ぐらいです。

Q4:黒真珠は高いですか?
A4:高いです。
 普通に真珠のアクセサリーを日本で買うのと変わりません。
 無難なもので3万~6万円ってとこですかね。
 タヒチでは台座やネックレスに使う金とかの材料が高いそうで、日本で買ったほうが安いという話もあります。まー、思い出作りに・・・
ちなみに免税を受けるためにはカード決済が必須です。また、税金16%が減るだけなので、現地の値札がそのまま円になったって感じで、割安感が感じられませんでした(笑)

Q5:タヒチの食事は高いのですか?
A5:高いです。
 8日間40万円のツアーで宿泊するホテルは、個人で予約すると1泊1部屋6万円~10万円ぐらいします。そんなホテルのレストランで食事しようものなら高いの当たり前です!
有名なレストランでも同じですね。
1回の食事で飲み物込みで1人1万円なんて普通に必要になってきます。
でも、これって日本でも同じですよね・・・

あと、スーパーの惣菜や屋台の食事も日本より高めです。高いのですが日本より量が多いです。量あたりの金額にしたら日本より安いかも・・・
基本的にはカップルだと思うのでシェアで食べるのが良いです。

レストランに入って、飲み物、前菜(シェア)、メイン(シェア)、パン(大抵、注文しなくても付いている)といった頼み方でも全然問題ありません。が、1泊6万円~10万円もするような部屋に泊まっていて、日本からの持込インスタント食品やスーパーの買出し品で節約しようってのは・・・です。

Q6:旅行会社のお土産(別送してくれるやつ)は高いですか?
A6:高いです。
 はっきりいって、ボッタクリです! 紅茶とかだとスーパーの3倍ぐらいの値段が付いていたりします。
 でも、タヒチにいった場合、市内観光やお土産買う時間って意外と少ないです。気合入れて1日ってところですね。
タダでさえ貴重な時間をそこまで費やします?って時に便利でした。
私たちはパペーテ観光2時間ぐらいしかしなかったので特にですね。
あと、ビールなど重いものを持ち帰らなくても良いといったメリットがあります。
紅茶のような軽いものはスーツケースの空きスペースを考えてスーパーとかで購入し、思い出作りのお土産以外はカタログってのが楽でよかったです。
時間を買うと思えば安い気もします。事前のリサーチとのトレードオフだと思いますね。

Q7:タヒチのお土産屋は高いですか?
A7:日本の観光地で買い物するのと大差ないです。
 基本的には日本人向けボッタクリ価格にはなっていません。
ただ、同じものでも、空港の外の売店、中の売店、マルシェ(市場)、スーパーなどでまちまちです。
問題なのがどこが高くてどこが安いのかわからないということ。
マルシェより空港が安かった小物もあったりします。
納得したら買うしかないですね。
買いたいときが買い時です。

空港、ホテルのお土産売り場では基本、値下げ交渉はナンセンスだと思います。
マルシェ(アメ横みたいなとこ)とかならOKだと思いますが、端数ぐらいなら何も言わなくても割り引いてくれたりします。

Q8:ホテルでの両替は高いですか?
A8:高いです。
が、はっきり言ってたいした金額を両替するわけではないので、どこで両替しても大差ありません。
為替レートを使った両替のテクニックもあるみたいですが、労力に見合わないです。

両替のたびに手数料がかかるので、両替は基本1回で済ませたいです。
あと、現金が必要なのは、屋台、タクシー、ルトラック、マルシェでのお土産購入ぐらいなので、普通ならそんなに持っていなくてもOKです。
10,000xpf以下の余りなら、ホテルの精算で使いきれちゃうんじゃないでしょうか。
最後の空港での買い物はたいていカードでOKです。

20090613_02.jpgパペーテの街頭にあった自動両替機
真ん中右から日本円を入れると、左下からパシフィックフランと伝票が出てきます。
光の反射で画面がかなりみにくい。
1万円ほど両替しましたが、パシフィックフランが取り出し口のところにつっかえていて、最初お金が食べられた!と思っちゃいました(汗

10000円が8000xpf、レートは1円=0.8521xpf、手数料が480xpfぐらい、あとは札で払えるように端数切捨て???

私たちの場合は、現金は空港で3万円、パペーテで1万円をパシフィックフランにして使用しました。
でも、10,000xpfぐらいはレストランでの飲み物代とホテルの精算で使用しているので、実質現金でなければいけないもので使ったのは最初の3万円分だけですね。

現地で使用したお金は、2人合わせて10万円ぐらいです。
もうちょっとワイン奮発すればよかったなー(汗

コメントする