2009年7月15日

Edge305分解

20090715_01.jpgずーっと放置していたEdge305を復活させるべく分解修理にチャレンジしてみました。
分解にあたってはロバさんのblogを参考にしています。
分解すると保障が受けられなくなりますが、既に保障は無しってことで自分でチャレンジです。

で、分解したのですが、なんか細かい部品が、、、、(汗)

マイナスドライバーで本体をこじ開けたのですが、よくよく見ると小さな部品がちらほら・・・
スイッチをひとつ壊していました!(爆)
完全に破損させたわけではないので、部品を再生?させ組み立て。

精密作業用(ステンレス製で先端が尖っているタイプ)のピンセットと精密ドライバーを使うのですが、作業台(固定用アームやルーペ、ライトがついたもの)を捨ててしまったためスタンドの光と写真のフイルム確認用のルーペで作業します(笑)

ここで構造がまずわからない!
他のスイッチを見ながら向きを検討し、ハマる位置とか動きを推定しながら組み立てます。
途中、3回ほど部品が飛んでしまい、修復をあきらめようかと思っちゃいました。
なんとか見つかって作業再開。構造は大体わかったのですが動きがいまいち・・・
仕方が無いので無事なスイッチのひとつを慎重に分解し、間違っていないことを確かめます。

なんとかスイッチの組み立て終了。ケースとか元に戻しスイッチを押した感触はいまいちなもののちゃんと動作することを確認しました。

20090715_02.jpg黒いゴムの下側にマイナスドライバーを入れてこじ開けます。
ボタンのところだとドライバーが簡単に入るのですが、突っ込みすぎると私のようなハメに・・・

20090715_03.jpg電源の修理前にスイッチの修理です。
サイズ数mmの部品と格闘・・・何回か部品が飛んでしまいなくなりそうになってしまいました。
結婚時の引越しで古くなっていた精密修理用の作業台を捨ててしまったので、このサイズの作業はちょっと辛いです。

これで電源修理はもういいや状態。
ロバさんはバネ接点をバイパスしていましたが、私はバネ接点の下に厚紙を両面テープで固定し、バネがヘタリにくいようにしてみました。また、接点部分にはシャープペンをすりすり、接点復活剤代わりにシャープの芯をこすりつけ余分な粉をふき取ってみました。

20090715_04.jpg最後は元に戻さないの前提で接着している人が多いのですが、私はタイラップのみでお試し。
この位置だと微妙にUSBのカバーが開閉しにくい・・・

これでとりあえず組み立て、さすがにこの状態だと本体がいつ分解するかわからないので、タイラップで固定してみます。電源を入れると普通に使えましたが、自転車に装着して振動を与えないと使えるか使えないかはわかりません。
雨の日はサランラップかぶせての利用ですかね(笑)
USBケーブルのカバーが開きづらいですが、なんとか必要に応じてタイラップをずらせば使える感じ。これで試してみて問題なければ週末のレースから復帰の予定です。

どうなるかなぁ・・・

コメントする