2009年8月14日

頭の体操

8/12にGMの新型車シボレー・ボルトの燃費がリッター100km(98km)とか報道されましたが、、、これは兆戦ですか?(笑)

まー、言葉遊びというか数字遊び?のたぐいですよね。
算数的には「計算間違い」の一言なのかな。
私はこういうウソ好きなんですが、、、

GMのボルトは、自称PHV、ハイブリッドの親戚っぽく言っていますが、
・フル充電で走行距離64kmしかない電気自動車(EV)?
・充電にかかる費用は、リッター20kmぐらいの車と同じコスト?(日本の相場で計算)
・バッテリーが無くなっても困らないように発電機搭載?(燃費はリッター20km程度?でMAX420km程度走行する電気にできる)
といった感じですね。

EV作ってみたけど距離走れないんで、発電機積んでみたって感じです。

燃費の計算は、
 (EVで走れる最大値(64km)+ガソリンで18km走行)/18km走るのに使ったガソリン

これを「係数」として1リットルの燃料で走行時の距離が100kmって、詐欺ですか?
EVで走れる最大値(64km)は、燃料を1リットル消費しようが、2リットル消費しようが変わらないから、初期の充電をしないで走れば走るほど燃費が悪くなります。

報道で得た情報を元に簡単に計算したら、「82km走行したときは燃費?リッター100km」っぽくなりますが、「100km走行したときには燃費?リッター60km」になっちゃうし、100kmを1リットルの燃料で走れていません。 初期の充電コストもガソリン換算して加えると「どれだけ走ろうが燃費リッター20km相当」ってあたりに落ち着きます。うちの軽やフィット、ヴィッツクラスと同じですね。

ただ、EVは今後バッテリーの供給を資源や環境への影響が問題ないレベルで普及できれば、公害を発電所にまとめることが出来るため、条件付で環境にはやさしいと思います。
EV用のインフラがガソリンほど整備されていない環境を考えれば、つなぎの技術としてはよさそうな感じです。

問題は、燃料費据え置き、初期コストさんバーイ、メンテ費用じゅうバーイ(所感)ってとこでしょうか。

コメントする