2010年2月25日

太陽系ろーん

20100225_01.jpgディアゴスティーニの「週刊 天体模型 太陽系を作る」の新シリーズがでたんですね。昼休みの話題で同じ職場に第一弾にチャレンジした猛者がいてちとびっくりです。

写真は天体模型の本「THE UNIVERSE UNVEILED」です。

今度は太陽系じゃなくて、太陽、地球、月の3つに絞った分動きの再現が少しリアルになっています。
前回だと全体の雰囲気は良いのですが惑星がなんかいまいち安っぽいというか雑な感じがしました。今回も星の部分は結構おもちゃっぽいのですが前よりは全然ましな感じ。

今回も全52号ってことで1年コース、合計93,370円の投資が必要です。おまけで6割ぐらい購入するとやすっぽい望遠鏡(ホームセンターで6,000円ぐらいで売っているのにそっくり)が付いてきます。

これって、うまく太陽に光源を仕込めば日食の再現とかできるかもと思いましたが無理ですかね。
太陽光線のような直線的な光の再現はかなり難しい気がしますが、細かいこと気にしなければレーザーを使うとかで似たような効果ができるのかな?でもレーザーだと面を作るのが難しい???

微妙に欲しいのですが、いつも合計の値段を計算して萎えてしまいます。

「ディアゴスティーニ」のこの売り方、形を変えた受注販売型のローン?
全体の金額を見せずにお得感を出し、途中で解約されても清算そのものもそのたびに受注調整するので、ある意味取っぱぐれのないローンって感じでうまいですね。

とりあえず太陽系模型の本でも読んで自分でも作れないかなと面白そうな本があったので購入したのですが自作には至ってません。できれば平面じゃなくて立体的な動きにしたいですね・・・

似たような考えで、ミステリークロックのような時計を人工筋肉を動力として作りたいと思っているのですがこっちも考えだけで手付かずです。。。

実行に移すと成功しようが失敗しようが簡単にん十万単位でお金がかかってしまいそうなのが・・・安く仕上げる方法を考えないとです。

コメントする