2011年2月 1日

住宅借入金等特別控除所得税還付申告説明会

イーアスでタイトルのような長ったらしい名前の説明会があったので行って来ました。(2/2ちょっと追記)

ま、住宅ローン控除を受けるための確定申告です(笑
説明会と付いてますが、説明を受けながら書類を作って提出するという土浦税務署の出張サービスです。

書類をひとそろい用意。私の場合はシンプルで以下の通り
・平成22年度源泉徴収:会社から毎年1月にくれるやつ
・平成23年1月以降の住民票:市役所で入手
・マンション購入の契約書のコピー
・登記簿謄本:購入時に手続きした司法書士から送られてきたのを使用
・住宅ローンの年末残高証明書:銀行から
・自分の通帳
・認印
・地震保険の控除証明:年末調整には間に合わなかった

会場に行くと作成書類と書き方の資料をくれます。
作成する資料は2つ

1つは説明を聞きながら記入、自信がなければ質問もOK
長期優良住宅とか土地と建物の購入が別とか、債務が複雑じゃなければ楽々記載できます。

もう1つはパソコンで、、、だったのですが40組ぐらいかな。4台のパソコンにむらむらと(笑
って、待っていると遅い!プリントもうまくできなかったりといつ終わるの状態。
「手書きもできますよ」って言われたら私も含めほかの人全員手書きにしてました(笑
記入する項目はほとんどなく、書き方の用紙にならって持ち込んだ資料から転記するだけ。地震保険の控除で記載やちょっとした計算が増えたけど自信が無いところは教えてもらえるのでこっちも楽勝ですね。

税務署の方に申告書、添付書類を確認してもらって終了。パソコンで申告書作ってた人より早く終わりました(汗

地震保険の控除ですが、そもそも住宅ローンの控除だけでも満額もらえるほど税金を払っていませんでした。だから記載事項が増えただけで実質は意味無かったです(爆
それだけ所得が低いってことですね・・・でも、私の場合、住宅ローンをかなり少なくしていたので控除される上限と実際の控除額との差はほとんどありませんでしたが、普通に住宅取得の8割とかを35年ローンとか組んでた場合、私1人だと控除上限の半分以下ぐらいしか戻ってこない気がする、、、

(2/2ちょっと追記)
住宅ローンの控除ですが、計算上の控除額と実際に還付される額(所得税が上限)の差額については、住民税が減額されるのを忘れてました!(説明会じゃ説明無かったし・・・)
住民税減額は、所得税か97500円?のどっちか低いほうを上限として差額分が減額されるって感じだったと思います。
私の場合、差額が少ないので還付と違って月々給与から引かれる金額が減る減額では実感がわかない気がします(汗

コメントする