« 筑波8時間耐久レースinサマー18th | メイン | BikeNavi 修善寺 »

2004年09月26日

●第1回 Mt.富士ヒルクライム

 種目名 ロード男子 30~39歳(料金所~5号目)
 タイム(グロス) 1時間43分01秒
 総合順位 1068位 ( 1616人中)
 種目別順位 463位 ( 685人中)

「Mt.富士ヒルクライム」チャレンジしてきました
小雨、霧、寒さ(あまりひどくは無かった)に悩まされましたが、特にアクシデントもなく楽しめました
結果は前回、試走したときは3合目を越えたあたりで終了でしたが、5合目のゴールまで完走♪時間も2時間切ることができました

GTMailSによる速報(参考記録)-------
ロード男子
入口: 6:07実
5km: 22:08実
10km: 43:27実
15km: 1:05:29実
20km: 1:28:38実
通過 992位
Goal: 1:49:07実
時刻: 9:19:07実
----------------------------------------
記録はフリー走行区間となるので料金所(入口)からの時間
ということで1:43:00ですね
記録見るとどの区間も5km22分ぐらいで走ってました(笑)
通過992はゴール通過の順番?、タイムによる順位とは別物だと思います


5:00会場となる富士北麓公園に到着
6:00自転車の準備を行い、5合目用荷物(防寒着代わりの合羽とか)をあずけて集合場所をぶらぶら
7:00競技スタート、最終組スタートなのでまだスタートせず
7:30霧の中をスタート、路面は濡れてます
料金所までが思ったより速い、ついていったらおもいっきり体力消耗・・・
フリー走行に入ると速い人にどんどん抜かれていく
I上君にも置いてかれる・・・
4km地点にある駐車場にたどり着く前に10分前にスタートした銀ヤンマさんのタルタルーガをパス
銀ヤンマさんの横を通り過ぎる際に周りの人が銀ヤンマさんのタルタルーガにみんな注目していく(感想はいろいろかとw)
4km地点にある駐車場でトイレ!!!!!(滅)
このトイレで1分以上ロスかな・・・・でも、最初に飛ばした疲れが取れたのでペースを上げてのぼってみる
10km地点を越えると1つめのチェックポイント&給水所。特に給水する必要も無かったのでそのまま通過。CARBO SHOTZでとりあえずエネルギー補給しておく。この際に後続の人と後輪接触、双方大事無く声を掛け合ってヒルクライム続行
この辺では曇り空になり路面もドライに
3合目付近では足の疲れは問題ないものの腰、尻、尿道が痛い・・・ダンシングで痛い場所を休ませたり、ストレッチしたりしながらのぼる。しばらく楽に走っていたらなんとか問題ない範囲に痛みが治まりました
ここら辺では晴れ間もすこーし見えたのですが・・・
第2チェックポイントも通過。CARBO SHOTZで補給w ここでは、太鼓を叩いて選手を鼓舞していました
この先にある8%の坂はちときつかったです
山岳賞区間は特にがんばらず、適当にこなす感じで
平坦部になる前の8%クラスの坂で足がピクピクしだしました・・・
平坦部に入るとちょうどいいスピードの人がいたので付いていきます。かなり楽ちん
途中、私がちぎれてしまったので別の人に乗り換え
最後の坂は足がつりそうになるのをこらえ回してゴール
なんとか無事、5合目にたどり着きました

5合目では、先にゴールしたI上君と合流
荷物を受け取り下山用の装備に着替え
5合目は霧(雲?)に覆われていて景色は見えませんでした
10:00まで銀ヤンマさんを待つもこない・・・
さすがにもう平坦部の直前の坂ぐらいまで来てないと間に合わないかなとー思いつつ尾灯を付けて下山
すると平坦部ですれ違いました!!!
掛け声かけてすれ違い
下山は3合目付近から霧、雨、視界10mぐらいです・・・
ゆっくり下山しましたが単純に考えて25km/hでも1時間の行程、体は冷えるブレーキ握る手は疲れる、腰も疲れるとなんか上りの方が楽な感じがしてきました(笑)
4km地点の駐車場を越えたぐらいから曇り空に、路面もドライになって料金所付近ではほっと一息つく感じで富士北麓公園に戻りました
下りきってブレーキ周り見るとブレーキシュウのカスで真っ白

富士北麓公園では、吉田うどんと焼きとうもろこしを堪能
銀ヤンマさんと合流し、閉会式、抽選会に参加して帰路に

心拍計で記録した、心拍、高度、ケイデンス、速度
心拍は170ぐらいですねー、3合目付近は楽したので160台におちてます
ケイデンスは80前後でクルクル
速度は13km/h前後、たまーに20km/h越えをしてます

▼GPSで見た走行経路(色は速度 青10km/h↓ - 赤20km/h↑)

朝の集合場所

私の出走前、出走後
ヒルクライム用にチェーンリングを42Tにしています(普段は54T)
これがバッチリ合いました♪
 

I上君の出走前、出走後、下山準備
 

銀ヤンマさんの出走前、下山後、ついでに変な髪形ゲッツw
タルタルーガは72段変速(F3、R内8、R外3)・・・自作カウルにシャトル型ボトル装備でチャレンジ
クランクは迷った結果170にしたのかな?
サドルに傾斜を付け普通のリカンベントのように腰がすっぽりハマルようになっています
  

5合目の様子、霧(雲)で冷えます

閉会後の抽選会
中野浩一、今中大介とじゃんけんだったのですが司会のネーちゃんがマイク離さず。ゲストにしゃべらせません・・・


Mt.富士ヒルクライムを走っていた小径車達

5合目で見かけたモールトン
フレームも高そうですが、他のパーツも高そう・・・
速いんだろうなー

銀ヤンマさんとデッドヒート?を繰り返し、銀ヤンマさんをゴールまで引っ張り上げてくれたクワハラ GAAP(銀ヤンマさん談)

途中で見かけたKHS F20-R

NORTONすね。ダイヤモンドフレームの小径はこれだけだったのかな?

あと、BD-1、KHS、アマンダ?なんかを見かけました
リカンベントは銀ヤンマさんのタルタルーガ1台しかみかけなかったんですよね・・・

他の富士ヒルクライム参加者のHPによると、DAHONやルイガノの小径もいたみたいです
来年は小径車部門作ってくれないかなーとひそかに期待ですね

コメントする